読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【事前】大会_20170402_高水山トレイル

今日は高水山トレイル@青梅

今年で3年連続となる出走です。


実は1年目より2年目の方がタイムが落ちてしまった大会なのです。それ以来この大会には毎回出ようと思っていて、毎年の自分の成長を試す機会。


だから、今日は一昨年の自分に挑戦する!
そこで、この2年で自分がタイムを落としてしまった理由を整理しようと思う。


1.保守的なレース展開

1年目はビギナーズラックもあり、とりあえず前半からツッコむようなレース展開だった。だから後半は足がつるくらい辛くて、本当にしんどい大会だったという印象がある。


そこで2年目は、前半はツッコミすぎず、後半に少し体力を温存する走り方に変えた。

結果、どっちにしてもキツくて、後半もペースが上げ切れずタイムロス。

コースを知ってるというのは、逆に怖いと思った。
たぶん30歳をすぎると独立が怖くなるのと同じ原理。


この大会の特徴として、折り返し後も、そこまで下り基調にはならない点があげられる。

それがわかってると、やっぱり体力を温存しておきたくなる。


3年目となる今回は、そのビビリな自分にどれだけムチを打って追い込めるかが鍵になると思っている。

 

2.前半の渋滞

スタートから10キロ地点くらいのところで、すごい渋滞が発生する

この大会一番の難所。


1年目は前半飛ばしたおかげで、やや渋滞してるなーくらいの感覚だったけど、2年目はどハマりした。

ここで15分以上はロスしたのではなかろうか。


だから上位集団と、あの激登りを越えられるか不安だけど、今年はそこまでが特に勝負になると思っている。

スタート後数キロは道幅が広いので、しっかりそこでスピードをキープして、なんとか高順位を。

 

さて、もう間もなく、大会スタート!

わくわく(^o^)